店舗紹介

No.002

ピアシス新橋店

港区 日本料理
写真:平目の刺身・濱田憲一料理長・神経締めの平目

常磐ものを扱う理由

濱田憲一調理長はすし屋での修行経験もあり、魚を見る眼が確か。常磐ものの平目を一度仕入れて以来、その味に惚れ込んでしまった。平目に限らず、アイナメ、スズキ、カナガシラなど、どの魚も鮮度が高く、臭みが全くない。料理人として安心してお客さまに提供できるからだ。

料理のポイント、ねらい

神経〆した常磐ものの平目は、魚の王様と呼ばれる。そのおいしさはふぐにも負けない。平目をふぐ刺しのように薄造りにして、食べやすく提供している。自家製ポン酢で平目のうまさを堪能できる。

取材者の感想

濱田さんの包丁さばきに圧倒され、食材を触る丁寧さと手つきの優しさに感動した。特にすし職人だっただけあって、穴子を捌く包丁さばきは見事。軽快に骨を切っていくリズムにワクワクさせられた。

【留意点】

仕入れ状況・季節により提供時期、料理の内容に変更があります。事前に店舗にご確認ください。

店舗情報

店舗名
ピアシス新橋店
住所
東京都港区新橋3-16-22
連絡先
03-3578-0101
最寄り駅
JR 新橋駅 / 東京メトロ銀座線・都営浅草線 新橋駅
営業時間
ランチ なし
ディナー 17:30〜22:00
休業日
土日祝日
平均予算
¥6000
系列店
無し

※ この店舗情報は 令和2年8月現在のものです。